意外と多い教習所や合宿免許あるある。これだけ知れば怖くない

2019.4.2 免許取得のコツ
Pocket

合宿免許予約ガイド

運転免許を取得するためには、教習所に通います。近隣に通学して免許を取る人もいれば、合宿免許を考えている人もいます。

初めての体験である自動車教習に不安を感じる人もいるのではないでしょうか。あるあるを知って、そんな不安を解消させましょう。

初めての教習所にドキドキしているなら

初めての教習所にドキドキしているなら
なにごとも、初めて体験するときには期待に胸が膨らむ一方で、緊張や不安も訪れます。それは、自動車教習にもいえることです。

免許を取得した人が喜びとともに周囲に伝えることに、教習所での苦労話はつきものです。「自分もいろいろ失敗するのかな?」そんな心配も仕方ありません。

しかし、あまり不安を感じる必要はありません。多くの人は、免許取得に向けて楽しく教習所に通っているのです。

初めての教習所にドキドキしているなら、あるあるを見てみませんか?そこから、教習所通いのイメージをつかんでいきましょう。

あるあるネタを読んで予行練習を

教習所に通っていた人の話を聞くと、けっこう同じような内容を耳にすることはありませんか?「よく聞く話だなあ」そんな印象を持つこともあるのではないでしょうか。

教習所にも、あるあるネタはたくさんあります。「教官を怖いと思いがち」「路上でエンストを繰り返しがち」など、ネタは尽きません。

そんなあるあるを知ることは、教習所通いの予行練習にもなるでしょう。あるあるネタを見て、教習所を身近に感じながら、夢のドライバーへの一歩を踏み出しましょう。

気が抜けない?学科教習あるある

気が抜けない?学科教習あるある
自動車教習は、大きく二つに分かれます。標識や運転のルールなどを学ぶ『学科教習』と、実際に車を運転する『技能教習』です。

そのどちらにも、あるあるネタはあります。まずは、学科教習あるあるから見ていきましょう。

眠気との戦いが続く

教習所には、学校や仕事の帰りに行くことが多くなります。学生なら、学校での長い時間の講義を受けた後や、時にはバイトまで終わらせてからということもあるでしょう。

社会人であれば、フルで仕事をしてからというケースも多くなります。それからの学科教習は、とにかく眠いものです。学科教習あるあるの筆頭は『眠気との戦いが続く』ことです。

教習所に通いはじめ、学科教習の教室を見渡してみましょう。きっと、首をコクリコクリと振っている人や、ガクンと寝落ちしてしまう人がいるでしょう。

地元の教習所で昔の知り合いに遭遇する

生まれ育った地元で、教習所に通う人も多いでしょう。そのような人のあるあるが『昔の知り合いに遭遇する』です。

「きっと小学校の同級生だよなあ」「同じクラスにはなったことないけど、中学校が一緒だったかも」このような微妙な関係の知り合いが、けっこういるものです。

仲がよかった人ならば「久しぶりだね」と気さくに話しかけられます。しかし、微妙な距離感にお互いが戸惑うところが、このあるあるの面白いところです。

期待と不安がいっぱいの技能教習あるある

期待と不安がいっぱいの技能教習あるある
本物の車を運転する技能教習は、緊張の連続です。特に、坂道発進や車庫入れなどは、慣れないと不安が頭をよぎります。

期待と不安がいっぱいの技能教習も、あるあるネタの宝庫です。いくつか紹介しましょう。

苦手な指導員に当たるとよく失敗する

優しい指導員の教習が続き、技能教習にも慣れてきました。しかし、「今日に限って厳しいと評判の指導員に当たっちゃった」というとき、緊張が一気に高まります。

慣れない動作に緊張が加わると、いつもはできることでもミスを起こしやすいものです。『苦手な指導員に当たるとよく失敗する』ことは、技能教習あるあると言えます。

マニュアル車コースの人がかっこよく見える

運転免許には、マニュアルとオートマ車限定の2種類があります。教習内容も、それぞれのコースに分かれているのです。

両足でクラッチをつなぎ、シフトレバーを操作しながら運転することを学ぶものがマニュアル教習です。一方オートマ車では、ブレーキとアクセルを踏みかえるだけで運転できます。

オートマ限定コースの人は、ときにマニュアル車コースの人がとてもかっこよく見えるものです。これも技能教習あるあるでしょう。

路上運転での法廷速度にドキドキする

教習所の練習コースでは、とてもゆっくりとしたペースで練習します。時速20kmを超えて走らせることは、ほとんどありません。

しかし、仮免合格後に路上運転に出ると、一気にスピードが上がります。はじめは怖くてスピードが出せず『法定速度にドキドキする』ことも技能教習あるあるです。

ときには60km近くにまでスピードを上げなければならないコースもあります。「もっとスピードを上げてください」そんな指導にも緊張しないようにしたいものです。

一期一会の思い出 合宿あるある

一期一会の思い出 合宿あるある
自宅から通う通学免許だけでなく、合宿免許の教習所を選ぶ人もいます。自宅を離れ、多くの教習生と共同生活をしながら、免許取得を目指します。

合宿免許にも、たくさんのあるあるネタがあります。こちらを見ながら、合宿免許とはどんなものかを想像してみましょう。

合宿場所が思ったよりも田舎

生活し慣れた場所を離れて、合宿免許に向かいました。すると『合宿場所が思ったよりも田舎』なことにびっくりすることがあります。

合宿免許は、費用を安くするために効率的な経営が求められます。そのため、地価の安い地方で運営されることが多いのです。

多くの人にとっては、暮らしたことがないような田舎であることも少なくありません。普段の日常とのギャップ、これも合宿免許あるあるです。

二輪免許を取りに来る人はバイク好きばかり

なんとなく興味が湧いて、二輪免許を取ろうと考える人もいるでしょう。あまり深く考えずに、二輪合宿免許に参加した人が驚くことがあります。

それは、自分よりはるかに『バイク好きばかり』なことです。趣味を超えて生きがいといえるほどのバイク好きに囲まれ、圧倒されたなどという話も、よく聞くあるあるです。

まとめ

運転免許取得のための教習所通いは、一生に一度の経験です。それだけに、通う前には不安もあることでしょう。

しかし、あるあるを楽しくチェックすることで、教習所とはどんなものかイメージを掴むことができます。不安を和らげて、楽しい教習所ライフを送りましょう。

合宿免許予約ガイド
Pocket

The following two tabs change content below.
合宿免許お役立ち情報編集部

合宿免許お役立ち情報編集部

合宿免許お役立ち情報編集部は合宿での自動車免許取得の際に役立つ様々な情報を発信しています!
合宿免許お役立ち情報編集部

最新記事 by 合宿免許お役立ち情報編集部 (全て見る)