合宿免許の卒業までの期間はどのくらい?日数や延長について解説

2019.3.4 合宿免許
Pocket

合宿免許予約ガイド

この記事では、合宿免許ではどのくらいの期間で免許が取得できるのか、具体的な日数や平均についてまとめました。

また、決められた期間に卒業できなかったときの対応や合宿参加におすすめの時期、卒業後の手続きについても紹介します。

合宿免許の卒業までの期間はどのくらい?

合宿免許の卒業までの平均期間は?
合宿免許の卒業までの平均期間は、ATなら2週間程度です。原則最短期間で免許が取れるようスケジュールが組まれるため、あまり時間はかかりません。もちろん、状況により日数は変動します。

最短期間もほぼ同じくらいの日数

教習所によって異なる場合もありますが、基本的にATは最短で2週間、MTではATの日数+2日で免許が取れるようになっています。合宿免許の場合、基本は最短で取得できるよう授業のスケジュールが組まれていることがほとんどです。

合宿免許を選択する人は、短期間かつ低コストで免許を取りたい人が多く、運営側も早く卒業してもらったほうが回転率が良いので、最短期間と取得期間の平均がほぼ同じになります。

普通自動二輪車は約1週間

普通自動二輪車の場合は、平均約1週間です。普通車免許の有無によっても期間は異なりますが、二輪車の免許は短期間で取りやすく、普通車の半分程度の期間が取得平均になります。

1週間ほどで免許が取れるなら、時間を作れる人も多いのではないでしょうか。

もし期間内に卒業できなかったら?

もし期間内に卒業できなかったら?
試験に落ちてしまったり、病気や怪我で教習を受けられなかったりして、決められた期間内に合宿免許を卒業できない場合もあるかもしれません。

設定された期間内に卒業できない場合、基本的に合宿を延長する必要があります。

延長になると追加費用がかかる

合宿免許は、設定された期間内に卒業すれば追加費用はかかりません。数日程度の遅れならプランに組み込まれていることも多いですが、それを超えてしまうと追加費用がかかります。

宿泊して講義を受けるため延泊などの料金もかかり、1日5000~1万円程度が必要です。卒業に時間がかかると、合宿でコストを削減した意味がなくなります。

保証プランがある場合も

講義や実技講習についていけるか心配な場合は、保証プランがある合宿に参加しましょう。

保証プランは卒業まで追加料金なしのプランや、一定期間の遅れまでは無料で延長できるプランが多いです。合宿を選ぶ前に、内容や規約をよく確認しておいてください。

合宿免許の入校におすすめの時期

合宿免許におすすめの時期
合宿免許は、人がたくさん参加する時期に割高となります。長期休暇とかぶると料金も高く、早めに予約しないと都合のいい日程が選べません。

時間が取れるなら、閑散期の参加をおすすめします。

春休みと夏休みは繁忙期

卒業シーズンと重なる春休みや、長期休暇で時間が取りやすい夏休みは繁忙期です。休み中に参加する人は多いので、繁忙期を選ぶと日程選びやコスト面で不利になります。

どうしても日程が合わないなら、コストと照らし合わせて検討しましょう。

安い時期に行くなら閑散期を狙って

コスト面を重視するなら、4~6月や10~11月の閑散期がおすすめです。長期休みを除けば、あまり合宿に参加する人はいません。

ただし、ゴールデンウィークやシルバーウィークなど大型連休に限っては、繁忙期になることが多いため注意が必要です。大型連休も、連休終盤から参加するなら比較的空いていることもあります。

 
合宿免許を予約するなら合宿予約ガイドがおすすめ!

卒業後はすぐに自動車を運転できる?

卒業後はすぐに自動車を運転できる?
合宿免許を無事に卒業できたら、すぐに自動車を運転できるというわけではありません。

卒業後は、住民票が在る都道府県の運転免許センターへ

運転免許センターで適性試験と学科試験を受験し、合格することで無事に免許が取得できます。そのため、合宿免許を卒業したら、すぐに免許取得できるというわけではなく、運転免許センターで試験にクリアする必要があります。

合宿で取得できるのは、技能試験の免除資格のみ。そのため、運転免許センターでは学科試験を受けます。合宿中に学科試験の対策も行いますが、忘れてしまわないうちに試験を受けたほうがスムーズでしょう。

運転免許センターは、住民票がある都道府県で手続きすることが義務付けられています。合宿から帰ってから手続きに向かいましょう。

卒業証明書の有効期間は1年間

卒業証明書の有効期間は1年と定められているため、早いうちの手続きがおすすめです。まだ免許を使わないからと放置していると、いつの間にか期限が切れてしまいます。

再度技能試験を受け直すのは、かなりの手間です。費用もその分、かさむので気をつけましょう。

まとめ

合宿免許は、基本的に2週間程度で卒業可能です。ただし、テストや実技で落ちてしまうと最短では卒業できない可能性もあります。場合によっては、追加で費用がかかることもあるでしょう。

なお合宿卒業後は、学科試験を受けに住んでいる地域の運転免許センターに行かなければなりません。卒業証明書の有効期間は1年なので、期間内に早めに行きましょう。

合宿免許予約ガイド

関連記事

合宿免許は短期集中で運転免許を取得したい人にぴったりな方法です。短期間とはいえ、どのくらいの期間で卒業することができるのでしょうか。 今回は、免許合宿を卒業するまでの最短日数...続きを読む
Pocket

The following two tabs change content below.
合宿免許お役立ち情報編集部

合宿免許お役立ち情報編集部

合宿免許お役立ち情報編集部は合宿での自動車免許取得の際に役立つ様々な情報を発信しています!
合宿免許お役立ち情報編集部

最新記事 by 合宿免許お役立ち情報編集部 (全て見る)