合宿免許中の一日の過ごし方を徹底解説

2020.3.9 免許取得のコツ
Pocket

合宿免許予約ガイド

合宿免許は短くない期間、合宿で免許センターや免許センターが提携していたり保有していたりする宿泊施設に留まります。

そのため、そこでの過ごし方を事前にイメージできているかどうかで実際に合宿が始まってからの生活も変わってきます。

今回は、合宿免許中の一日の過ごし方を徹底的に解説いたします。

 

合宿免許期間の一日の基本的な流れ

宿泊先

合宿免許期間の朝は、教習の1時間から2時間ほど前に目覚めることから始まります。

目覚めてしばらくすると朝ごはんを食べに行きましょう。

宿泊施設にもよりますが、多くの場合その宿泊施設が食事を用意してくれています。

地域の特産品などが出ることもありますので、この食事は合宿期間中の楽しみの一つです。

また、宿泊施設で食事が出ない場合、自炊をする必要がある場合もあります。

その場合は、少し早めに起きるようにしておけば落ち着いて食事を取ることができるでしょう。

食事をとった後は、午前の教習です。

教習所にもよりますが、午前の教習は学科教習であることが多いかと思います。

午前の学科教習を終えれば自由時間となります。

自由時間には勉強をしても休憩をしても友人と遊んでも自由です。

自由時間が終われば再度学科教習を受け、昼食を取ります。

昼食を食べすぎると眠くなり午後の教習に差し支えることもあります。

眠くなりやすい方は多くても腹八分目に留めるようにし、午後の教習に影響が出ないようにしましょう。

午後には、午前同様の学科教習と技能講習の両方がある場合が多いです。

その講習以外の時間は自由時間ですので、ここでの時間の使い方も免許合宿中の生活を左右するでしょう。

このように、合宿免許期間中は思っている以上に自由時間が多いのです。

この自由時間にどのような行動を取るのかは事前にしっかりとイメージし、何をするのかを事前に考えておきましょう。

 

自由時間の使い方

自由時間

自由時間は本当に自由です。

他人に迷惑をかけたり、教習所のルールに違反するようなことをしなければどのようなことをしていても構いません。

だからこそ、遊びに使う時間と勉強に使う時間のバランスは自分でコントロールする必要があります。

あくまで、「免許」合宿ですから、節度をもった時間の使い方を心がけるようにしましょう。

 

まとめ

免許合宿中の一日の流れは、主に授業や講習によって成り立っています。

しかし、それ以外の時間は完全な自由時間となり、個人の裁量に委ねられています。

免許を取れる年齢となれば、それなりの責任を自分で取ることが求められます。

節度のある生活を送ることができるようにしましょう。

 

 

合宿免許予約ガイド
Pocket

The following two tabs change content below.
合宿免許お役立ち情報編集部

合宿免許お役立ち情報編集部

合宿免許お役立ち情報編集部は合宿での自動車免許取得の際に役立つ様々な情報を発信しています!
合宿免許お役立ち情報編集部

最新記事 by 合宿免許お役立ち情報編集部 (全て見る)