教習所がつらいのはどんなとき?乗り越え方のアドバイスも紹介

2019.4.2 免許取得のコツ
Pocket

合宿免許予約ガイド

運転免許を取得するには、たいていの人が自動車教習所に通います。

「教習所がつらい」そんな声を耳にしたこともあるでしょう。誰しも、どこかで一度はつらいと感じるものです。

しかし、乗り越え方を知っておけば恐れることはないのです。

教習所がつらいのはあなただけじゃない

教習所がつらいのはあなただけじゃない
教習所に関する評判については、とにかくネガティブな内容がささやかれるものです。なかなか教習内容が身につかないと悩むこともあれば、学科教習が難しいと不安を抱えることもあります。

つらいと感じると、「どうして自分はダメなんだろう」と悪く考えてしまいがちです。真面目に取り組んでいる人ほど、そのように思うものです。

しかし、教習所に通う過程でつらいと感じるのは、あなただけではありません。教習所のロビーで隣に座る見知らぬ教習生も、きっとつらいと感じる部分を持っているのです。

教習所がつらいとだれもが一度は思う

教習所では、技能教習と学科教習のそれぞれを受けます。そして、そのどちらにおいても、人それぞれに苦手な分野があるものです。

技能では、難関といわれる動作がうまくいかず悩む人もいます。学科においても、知識が定着せずに焦ることもあるでしょう。

しかし、漠然と「教習所がつらそうだ」と思うことは避けたいものです。それよりも、人はどのような場面で教習所がつらいと思うかを知ることが大切です。

そうすることで、クリアするべき課題が見えてくるはずです。課題の乗り越え方を知っておけば、冷静に対処できるようになるのです。

教習所でつらいのはどんなとき?

教習所でつらいのはどんなとき?
「あの時はつらかった」免許を取った人の経験談を聞くと、こんな声をよく耳にします。すべてがスムーズに進んだという話は、あまり聞かないものです。

つらいと感じる場面は、人それぞれ異なります。仮免を取って路上教習に行くのがつらかったのか、学科教習が眠くてつらかったのか、その内容は千差万別です。

そこで、教習生がつらいと感じたケースを見てみましょう。これを知っておけば、心構えができ、適切に対応できるはずです。

技能教習がつらい  縦列駐車と坂道発進

技能教習には、多くの人が苦手とするものがいくつかあります。その代表的なものが『縦列駐車』と『坂道発進』でしょう。

縦列駐車とは、一列に並ぶ車と車の間に、自分の車を駐車させることです。縦列駐車を始める位置や、ハンドルを切るタイミングを教えてもらいますが、うまく応用できず戸惑う人がいます。

坂の途中で一度停車した車を、スムーズに前進させるものが坂道発進です。ATではさほど問題はありません。しかし、MTでは苦手とする人が少なくありません。

上手くクラッチをつながないと、車がずるずると後ろに下がって行ってしまいます。「後方の車に衝突してしまうのでは」という不安がよぎり、焦ってしまう人がいるのです。

教官の態度がつらい ため息をつかれた

「教官の態度」これも教習所がつらいと感じる話でよく聞きます。親切で丁寧な教官がほとんどです。しかし、教官の取る態度がつらいと感じることもあります。

技能教習中に、課題がうまくこなせないことは誰にでもあります。その時、ため息をつかれたり、ときに厳しい言葉で指導されたりすると、心が折れそうになるものです。

短期コースがつらい 休むと後が大変

できるだけ早く免許を取ろうと、短期コースを選択する人もいます。この選択が、次第につらいと感じる原因になることもあるのです。

短期コースは、スケジュールが細かく組み立てられています。それだけに、一度休むと、全体のバランスがくずれ、後が大変になってしまうのです。

また、短期間で卒業を目指すため、学科の勉強が追いつかないと焦る人もいます。思わぬことが、つらさを生む場合もあるのです。

教習所のつらさ乗り越える方法

教習所のつらさ乗り越える方法
教習所をつらいと感じる代表的なケースを見てきました。教習所を卒業した人や現在通っている人は「あるある」と感じるのではないでしょうか。

しかし、教習所のつらさに押しつぶされそうになっても、たいていの人が免許を無事に取得しています。乗り越える方法は、必ずあるのです。

教習所仲間を作る

つらいと感じると、「自分だけがダメだ」と責めてしまいます。しかし、すでにお話したように、つらいと感じているのは自分だけではないと知りましょう。

そこで、教習所仲間を作ることをおすすめします。自分と同じような年齢で気が合いそうな人と接点ができると、苦労しているのは自分だけではないと、励ましあえるでしょう。

教習所の教官の厳しさは安全への配慮ゆえ

自動車は「走る凶器」と言われます。運転を誤ると、取り返しのつかないことになりかねません。安易に運転することは、決して許されないのです。

それだけに、「人命を預かるドライバーを育てる」という意識を持って職務に当たる、意識の高い教官が多くいます。教官も、緊張感を持って教習に臨んでいるのです。

厳しさは、ただのエゴではありません。安全への配慮ゆえと知ると、受け止め方も変わるでしょう。

その期間は集中 スケジュール管理の徹底

運転免許の取得には、ある程度の期間が必要です。通学免許なら数カ月、合宿免許でも3週間弱は見込まなければなりません。

その期間は、免許取得を第1の目標にして、スケジュール管理を徹底させましょう。何かの後回しにすることが続くと、ついつい教習の進捗が停滞してしまいます

バイトや友人との付き合いを優先させてしまい、気づくと教習がおろそかになっているケースもあります。そうすると、技能も学科も思うように進展しないので気をつけましょう。

まとめ

事故を起こさない安全な運転を身につけるためには、教習所でつらいこともあるでしょう。それは誰もが通る道でもあるのです。

しかし、たいていの人が免許を取れていることから、必ず乗り越えられることも分かります。あまり不安を抱えずに、落ち着いて教習に臨むことこそが、夢の運転免許取得を果たせるのです。

合宿免許予約ガイド
Pocket

The following two tabs change content below.
合宿免許お役立ち情報編集部

合宿免許お役立ち情報編集部

合宿免許お役立ち情報編集部は合宿での自動車免許取得の際に役立つ様々な情報を発信しています!
合宿免許お役立ち情報編集部

最新記事 by 合宿免許お役立ち情報編集部 (全て見る)