自動車免許は合宿が良い?流れとメリットやデメリットを知っておこう

2019.3.4 合宿免許
Pocket

合宿免許予約ガイド

自動車免許を取得するには教習所に通う方法と、合宿に参加する方法があります。双方特徴がありますが、今回は合宿に的を絞り、合宿までの流れや合宿の特徴、合宿の選び方、そして合宿ならではのメリット・デメリットを紹介します。

運転免許について知ろう

運転免許について知ろう
合宿について詳しく解説する前に、まずは運転免許とはどのようなものか、きちんと理解しておきましょう。

免許の仕組みと無免許運転

運転免許は、免許を所持する人が、運転に関する知識や技術が一定の水準に達していることを証明するものであり、道路を自動車で走ることを許可された証となります。

道路を自動車や原付バイクなどで通行するときは、必ずこの運転免許を取得しなければならず、万が一取得せずに運転すれば、無免許運転となり、法律で罰されるのです。

また、運転する際には、必ず運転免許を所持しなければなりません。もし所持せずに運転すればやはり罰されることになります。また何らかの理由で免許停止などの処分を受けている期間は、運転を禁止してください。

運転免許の区分や種類

運転免許は、運転する車種によってさまざまな種類があり、車種に応じた免許を取得する必要があります。そこでまずは運転免許の区分について解説します。

運転免許は以下の様に区分されているので覚えましょう。

  • 第一種運転免許
  • 第二種運転免許
  • 仮運転免許

第一種運転免許は、普通自動車免許や普通自動二輪免許など、その車種を運転するのに必要な最低限の免許です。どんな車種の免許を取得するにしても、まずは第一種運転免許を取得することから始まるのです。

第二種運転免許は、観光バスやタクシーなど、お客様を乗せて運転するためのプロ免許です。第一種よりもより高度な技術や知識が求められます。

仮運転免許とは、教習所内の訓練施設で教習を終えた後に、教習所で交付される免許のことで、この仮免許が交付されると、教官と一緒に公道に出られるようになります。

このように運転免許には、区分がありますが、車種に応じて以下のような種類もあります。

  • 普通車免許
  • 中型車免許
  • 大型車免許
  • 準中型車免許
  • 大型特殊免許
  • 普通二輪免許
  • 大型二輪免許
  • けん引免許
  • 小型特殊免許
  • 原付免許

免許の種類は、その車の大きさによって違いがあり、たくさんの種類の免許を持てば、それだけ乗れる車の種類も多くなります。

また、これらの免許は、取得できる年齢や条件も違います。例えば普通自動車免許は18歳以上の人ならだれでも取得を目指せますが、大型車免許の場合は21歳以上の人で、普通車免許を取得して3年以上経過している必要があります。

合宿免許について知ろう

合宿免許について知ろう
運転免許の基本的なことがわかったところで、いよいよ合宿免許に関する説明に入ります。

短期集中で免許を取得できる

教習所は、普段の生活をしながら免許取得を目指す方法ですが、日常生活と両立しながら通うため、どうしても時間がかかってしまいます。

しかし、合宿の場合は、その場所に泊まりこんで集中的に訓練を受けられるため、短期間で免許取得を目指すことが可能です。

入校から免許取得までの流れ

合宿で免許の取得を目指すと決まったら、まず入校する学校を決めましょう。合宿を申し込んだらその学校が指定する場所に集合し、入校の手続きを行います。なお、手続きには以下の書類が必要になりますので、入校日までに準備しておきましょう。

  1. 本籍地が記載されている住民票
  2. 本人確認書類(保険証・パスポート・住民基本台帳などの原本)
  3. 運転免許を持っているなら免許証
  4. 外国籍の場合は在留カード

1と2は、入校する人全員が必要な書類です。3と4は該当する人だけが用意する書類になります。

手続きが終わったら、入校にあたっての説明と、適性検査が行われます。この検査では視力・聴力・運動能力などが確認されます。最低でも以下の条件をクリアする必要があります。

  • 赤・青・黄色の識別ができる
  • 視力が両目で0.7以上、片目で0.3以上(0.3以下の場合は視野が150度以上あること)

これをクリアしたら、先行学科を受講し、第1段階、修了検定、仮免許試験と進みます。

仮免許取得からは、第2段階の教習に進み、最後に卒業検定を受けて合格すれば卒業です。

学校を卒業したら1年以内に本免許学科試験を受けましょう。これに合格すれば、正式に運転免許証取得となります。

合宿免許のメリットとデメリット

合宿免許のメリットとデメリット
短期間で免許取得を目指せる合宿は、一見いいことずくめのように感じられます。メリットも多いのですが、デメリットもあるので注意しましょう。

安い値段で短い期間で取れる

合宿免許の最大のメリットと言えばやはり『安さと期間の短さ』と言えるでしょう。定期的にキャンペーンなども行っているので、この期間なら一層安く参加できます。

教習所と違って教習の予約を取る心配をせずに教習を受けられるため、免許取得までの進行がスムーズになるのです。

また、合宿所では、新しい出会いがあり、気の合う友人を見つける期待ができるのも魅力となっています。

2月など繁忙期は割高になる

合宿は、長期間の休暇が取れないとできない方法です。そのため長期休暇を取得しやすい夏休みの7月から9月の間や、春休みの2月から3月の時期には申し込みが集中しやすいので、この期間は価格も割高になってしまいます。

合宿期間中は予定がしっかりと組まれているので、基本的に自由が無く、自分のペースで取得を目指したい人にはストレスになる可能性があります。

教習所を選ぶときのポイント

教習所を選ぶときのポイント
次は、合宿所を選ぶ際のポイントを解説します。教習所によって価格やプランなど様々なものがあるので、よく吟味しましょう。

料金やプラン

最も基本的な教習所の選び方と言えば、料金とプランから選ぶ方法でしょう。基本的に合宿費用はだいたい20万から25万円ほどかかると見ておいてください。

自宅から教習所に通って取得を目指すとだいたい30万円ぐらいかかるので、やはり割安ですが、キャンペーン中を選ぶと一層お得になるでしょう。

また、価格を見る時は、何がどこまで含まれた料金なのかも確認しましょう。例えば宿泊料と食費はどこまで含まれるのか、合宿所に行くまでの交通費は含まれるのかなどです。

万が一、教習がスムーズに進まず、補習がかかってしまった時のための保証プランが含まれるかも、チェックしておきましょう。

宿泊施設や周辺環境

最近の合宿では、入校した人が少しでも快適に過ごせるように、さまざまな工夫がされています。その結果、宿泊施設は教習所近くのホテルや旅館などが利用されており、いかにも合宿という雰囲気ではない場合が増えています。

また、周辺にテーマパークなどの観光施設がある場所での合宿になると、観光日が設けられている場合もあり、日々の合宿による緊張感から解放されて楽しく過ごせます。

申込時期

少しでも安く合宿に参加したいなら、申し込むタイミングが非常に重要です。なぜなら、このタイミングが少しずれただけで、価格が大きく変動することがあるからです。

基本的に申し込みは早めがお得です。多くの教習所では早割があり、参加する日から1カ月から2か月前の予約なら、5000円から1万円程度の割引があるでしょう。

さきほども少し触れましたが、夏休みなどの長期休暇の時期は割高になる傾向があるので、安さを求めるなら避けたい時期です。

申し込むタイミングとしてベストなのは、参加する2カ月前です。この時期で繁忙期を避ければ、かなり安く合宿に参加できるでしょう。

おすすめの合宿免許の教習所

おすすめの合宿免許の教習所
ここまでくれば、合宿に関する知識がある程度身に付いたと思います。ここからは、地域別におすすめの教習所を紹介します。

東京や神奈川など関東圏から行くなら

関東圏から近い教習所はたくさんありますが、中でも栃木県にある『日光自動車学校』は、かなり特徴のある教習所と言えます。

周辺には世界遺産に指定されている、日光東照宮や日光江戸村などの観光施設が多いの事も魅力ですが、なかでも『日光パークロッジ』で開催される合宿では、外国人と一緒に過ごしながら免許取得を目指すプランになっているのです。

免許取得を目指しながら英語も学べる一石二鳥の内容で、ちょっと得した気分になるかもしれません。

  • 教習所名:日光自動車学校
  • 住所:栃木県日光市倉ヶ崎新田122-2
  • 電話番号:0288-22-1133

日光自動車学校の合宿免許情報や、資料請求についてはコチラから↓

愛知など東海圏から行くなら

東海圏にある教習所なら、三重県にある『紀伊自動車学校』がおすすめです。こちらの教習所の特徴は、延長料金、検定料金、補習料金などの追加料金が発生しない『あんしんパック』プランがあるということです。

教習が予定通りに進まず、補習が増えても料金が変わらないので、運転に自信がなくても安心して参加できます。

  • 教習所名:紀伊自動車学校
  • 住所:三重県南牟婁郡御浜町下市木942-2
  • 電話番号:0120-485-215

紀伊自動車学校の合宿免許情報や、資料請求についてはコチラから↓

大阪など関西圏から行くなら

関西圏から合宿に参加するなら、『大陽猪名川自動車学校』をおすすめします。この学校のコースは兵庫県でも最大級の大きさを誇り、ほかの教習生の車と鉢合わせ、なんていうことも少なく、安心して教習を受けられます。

合宿施設は女性専用と男性専用の宿舎に分かれ、とても快適でおしゃれな空間になっています。ウェルカムパーティーなどの親睦を深める行事も多く、仲間と楽しい日々を過ごせるでしょう。

  • 教習所名:大陽猪名川自動車学校
  • 住所:兵庫県川辺郡猪名川町紫合字釘貫733
  • 電話番号:072-766-8080

大陽猪名川自動車学校の合宿免許情報や資料請求についてはコチラから↓

福岡など九州圏から行くなら

福岡県などの九州圏の教習所でおすすめは『南福岡自動車学校』です。この教習所の特徴はいろいろあります。まずは学生料金があることで、学生でも割安で教習を受けられるようになっています。

そして、2人で申し込むことで1万円割引がかかる『ペア割』、3人以上で申し込むと1万5000円割引となる『グループ割』など様々な割引プランがあるのも特徴です。

宿泊施設も充実しており、女性専用シェアハウスでの宿泊が出来る他、ホテルでの宿泊には温泉利用券が付いてきます。

設備も盛りだくさんで、『DonDonドライブ』『かめ★ドラ』『俺の暗記道場』などの学習プログラムによって、楽しく学べるようになっています。

また高速教習ではBMWなどの外車に乗って教習が受けられるなど、車が好きな人にとってもうれしいサービスがあるのです。

  • 教習所名:南福岡自動車学校
  • 住所:福岡県大野城市下大利3-2-20
  • 電話番号:0120-201-373

南福岡自動車学校の合宿免許情報や資料請求についてはコチラから↓

まとめ

運転免許を合宿で取得する方法を解説してきましたが、だいたいのイメージはつかめたでしょうか?

合宿で免許を取得することは、教習所に通う場合とは違った特色があります。遠方まで出向いて免許取得を目指すには少し面倒、と考える人もいるかもしれませんが、魅力満載の合宿免許に是非チャレンジしてみてください。

合宿免許予約ガイド

 

Pocket

The following two tabs change content below.
合宿免許お役立ち情報編集部

合宿免許お役立ち情報編集部

合宿免許お役立ち情報編集部は合宿での自動車免許取得の際に役立つ様々な情報を発信しています!
合宿免許お役立ち情報編集部

最新記事 by 合宿免許お役立ち情報編集部 (全て見る)