合宿免許の費用が安い時期はいつ?閑散期の入校はメリット大

2019.6.20 合宿免許
Pocket

合宿免許予約ガイド

合宿免許の費用ですが、実は1年中同じ価格ではないのはご存じでしょうか?
合宿免許の費用が安い時期を狙って参加すれば、費用をかなり抑えることが可能です。費用が安い時期の紹介や、その他のメリットについてご紹介します。

教習所が混むのは長期休暇の時期

教習所が混むのは長期休暇の時期
教習所が混み合うのは、一般的に長期休暇がある時期だと言われています。
混み合う理由や具体的な時期について、まずは見ていきましょう。

年明けから3月

年明けから徐々に混み合っていき、3月頃が1年の内でもっとも教習所が混み合う時期になります。
この時期は大学受験の結果が出て、時間ができた高校生や長期休みの大学生が多く集まるからです。そしてゴールデンウィークを経て5月過ぎにかけて、また徐々に落ち着いていく傾向が見られます。

7月下旬~9月

5月後半から7月下旬まで閑散期が続いた後、再び7月下旬から9月にかけて教習所は忙しさのピークを迎えます。夏休みを迎えた学生の入校が殺到するためです。
特にこの時期は、運転免許を取ったその足で海水浴を楽しむために合宿に参加する人も多く、海のそばにある合宿所などが人気になります。

中でも人気のある合宿免許は、数カ月前には予約が埋まってしまうほど人が集まるので、申し込む場合はあらかじめプランを立てておきましょう。

閑散期に入校するメリット

閑散期に入校するメリット
教習所は学生の長期休みの時期に合わせて人が一気に増え、それ以外の時期は大きく入校者が減る『閑散期』を迎えます。
一般的には、閑散期が入校する狙い目だと言われています。その理由はどうしてなのか、閑散期に入校するメリットについて見ていきましょう。

費用が割安

閑散期を狙いたい最大の理由は、費用が割安であるという点です。閑散期の教習所の費用は、ピーク時の3月頃と比較すると10万円近く安くなることも珍しくありません。

教習所によって、費用が最も安くなる時期には若干のばらつきがあるようです。キャンペーンとして底値期間が決まっていることもあり、安い時期を選びたい場合は、教習所を多く登録している紹介サイトなどに問い合わせても良いでしょう。

落ち着いた環境で過ごせる

閑散期は学生のグループ参加者が減ることもあって、社会人の参加者が割合として多くなる傾向にあるようです。人数自体も減少するため、宿泊施設は落ち着いた雰囲気になりやすい傾向にあります。

閑散期は、学生以外の参加者に向けた『30代からのプラン』などが打ち出されていることもあって、比較的静かな環境で教習に専念することが可能です。

 
合宿免許の予約なら、格安・激安の自動車学校・教習所で合宿免許の比較・予約サイト「合宿免許予約ガイド」がおすすめ!

更に料金を抑える方法

更に料金を抑える方法
閑散期に入校することで教習費用を大きく抑えることが可能ですが、ここからさらに料金を抑える方法について解説していきます。

相部屋を選択する

合宿所の宿泊プランの中で、相部屋の料金は比較的安く設定されています。さらに、食事に関しても自炊にすることで料金を抑えることができるでしょう。

問題は、相部屋を選択して1人で宿泊する場合、相手がどんな人かわからないという点です。もちろん年齢や性別には配慮する教習所が一般的ではあるものの、知らない人と過ごす場合はストレスになることもあり得ます。

食事についても、自炊を選択したとして面倒さから外食がメインになってしまえば、かえって費用がかかることもあるので、トータルバランスで考えることが重要です。

AT限定で取得する

AT限定の場合、MTよりも技能教習の時間が減るためその分費用も安くなります。宿泊期間もMTより短くなるのが一般的です。
MTの運転免許を取得すると、ATとMTのどちらの車にも乗れるため便利に思えますが、現在国内で販売されている乗用車のうち、AT車が98%以上を占めているというデータも出ています。

MT車に乗れないことで、生活に支障をきたすケースはあまりありません。ATの方が運転も簡単ですし、AT免許だけでも十分です。特に理由がないのであればATの運転免許取得がおすすめです。

割引を利用する

合宿免許では、割引が利用できることがあります。代表的な割引と条件をご紹介します。

よく利用されるのが『早割』です。これは、早めに予約をすることで割引が適用されるタイプのものです。たいていは1カ月、あるいはそれ以上前の予約で有効になります。
次に『学割』もよく利用されるものの1つです。大学生や高校生の場合、学生証を提示できればトータル金額から割り引いてくれるものです。他にも、複数人で申し込んだ場合のグループ割があります。

あまり利用されませんが、同じ教習所に再び入校する場合の『再入校割引』などもあります。割引金額と他の割引と併用できるかは、教習所に問い合わせて確認しましょう。

まとめ

合宿免許は、学生の長期休みである2月から3月、7月下旬から8月あたりのシーズンにもっとも人が混み合います。この時期は繁忙期として料金が比較的高めに設定される傾向にあるようです。

それ以外の時期は閑散期で、料金が安くなります。さらに料金を抑えたい場合は割引や相部屋プランなどを利用すると良いでしょう。閑散期の入校は静かに過ごせるといったメリットもあります。

↓合宿免許の予約をするなら合宿免許予約ガイドへ↓

合宿免許予約ガイド
Pocket

The following two tabs change content below.
合宿免許お役立ち情報編集部

合宿免許お役立ち情報編集部

合宿免許お役立ち情報編集部は合宿での自動車免許取得の際に役立つ様々な情報を発信しています!
合宿免許お役立ち情報編集部

最新記事 by 合宿免許お役立ち情報編集部 (全て見る)