合宿免許は一人でも怖くない。自分に合ったタイプの部屋を選ぼう

2019.3.4 合宿免許
Pocket

合宿免許予約ガイド

一定期間、宿泊施設に滞在して運転免許を取得するのが合宿免許です。一人で合宿免許に参加するのは不安、という方も多いのではないでしょうか。

合宿免許とはどのように行われるのか、特に一人では不安という方に向けて宿泊についての情報を紹介します。

合宿免許に一人で参加するのは不安?

合宿免許に一人で参加するのは不安?
運転免許を取得する方法は、自動車教習所に通学する方法と短期で取得する合宿免許があります。合宿での普通車免許取得の場合は、最短2週間からプラス数日が目安です。

短期集中なので、運転実習の間が空くことなく勘が鈍らないうちに乗れることや、毎回予約する手間も省けます。金銭的に通学より少額で済むこともメリットです。

合宿免許は、友人同士で楽しみながら参加する人が多いと想像すると、一人での参加は気が引ける人もいるでしょう。その不安を払拭するための情報を紹介していきます。

一人で参加している人は意外に多い

一人で参加すると、友人同士で参加している人が多くて疎外感を味わうのではないかと心配かもしれません。

しかし、約40%が一人で参加しているという参加者のアンケート結果があります。一人での参加は意外に多く、一人参加者同士が仲良くなることもありそうです。

グループになるべく遭遇したくない場合は、夏休みなどの長期休暇を避けての参加を検討しましょう。

宿舎は男女別で安全面に配慮されている

女性一人で参加するのは、ナンパされるのではないかと心配になるかもしれません。確かにないとは言えませんが、相手も目的は免許取得なのでストーカーのようなことは起こらないでしょう。また、困ったことがあれば教習所のスタッフに相談してください。

宿泊施設は基本的に『男女別』で、建物が別だったりフロアを分けたりするよう気が配られており、管理人やフロントが常駐しているところもあります。女性用の建物は、たとえ家族でも男性の入室は禁止のところがほとんどです。

また、『女性専用』の合宿プランも存在します。男性がいないだけでなく、女性好みの食事が用意されていたり、宿泊施設も女性用に考えられたり工夫がされているのです。

自分の性格を考えて部屋のタイプを選ぼう

ほとんどの宿泊施設は、一人部屋か相部屋かを選択できます。快適に過ごすには、自分の性格を考慮して適した部屋を選びましょう。

一人部屋でも相部屋でもメリットとデメリットがあるので、以下を比較しながら検討するといいでしょう。

相部屋プランがおすすめなのはこんな人

相部屋プランがおすすめなのはこんな人
宿泊プランは3人以上で利用する『相部屋』や『2人部屋』などがあり、施設は教習所が持っている寮などの宿舎やホテル・旅館を利用します。では、相部屋向きなのはどんな人でしょうか?

人とコミュニケーションを取るのが好きな人

人と『交流するのが好きな人』は、2人以上の相部屋向きです。勉強や運転について情報交換や相談ができるので、一人で悩むことはありません。

合宿免許に来る人は20歳くらいを中心に学生が多いので、すぐに打ち解けられるでしょう。空き時間に一緒にショッピングや観光に行くことも思い出になります。

しかし、人と寝起きを共にするので、消灯時間や風呂の時間などお互いに気を使うことも必要です。また、同室の相手と相性が悪い場合もあるかもしれません。

最大のデメリットは、一人だけのプライベートな時間がないことです。これらがあまり気にならない人なら、相部屋を選びましょう。

とにかく値段をできるだけ抑えたい人

金額面では、部屋の宿泊人数が多いほど安くなるのが通常です。また、宿泊施設の種類でも費用が変わります。一般的には、ホテルや旅館より教習所の寮や宿舎のほうが安価です。

ホテルの一人部屋と寮での4人以上の相部屋を比較すると、数千~3万円程度違いがあります。そのため、少しでも金額を抑えたい人は、寮などの4人以上の相部屋がおすすめです。さらに、食費を浮かせることが可能な『朝晩自炊プラン』などもあります。

また、仮免許試験や卒業検定で落ちてしまい期間延長が必要になると、一人部屋では1日5000円ほどかかることが多いのに対し、寮などの相部屋はある程度の日数分を免除してくれる場合もあるのです。

一人部屋はこんなタイプにおすすめ

一人部屋はこんなタイプにおすすめ
相部屋で楽しく過ごせる人もいれば、一人のほうが快適な人もいます。シングルの部屋は割高ですが、一人の時間を充実させたい人にはおすすめです。

一人で過ごすのが好きな人

一人で過ごすのが好きな人には、一人部屋をおすすめします。同室の人に気を使うことで疲れてしまっては本末転倒です。

何より誰にも気兼ねなく就寝でき、授業開始が遅めの日はぎりぎりまで部屋で休むこともできます。勉強も集中してできるでしょう。

また、相性の悪い人が相部屋にいるとストレスが溜まります。人間関係のしがらみがないのは、一人部屋のメリットです。

多少割高でもプライベートを重視したい人

一人部屋だと友達ができないかというと、そんなことはありません。出会いが欲しい人は、食事時間や教習の空き時間などに知り合う機会もあります。そして、部屋では『プライベート』を優先させることが可能です。

空き時間に仲間とショッピングや観光に出かける人もいますが、一人でエステサービスやシアタールームでゆっくりと楽しむことが可能な施設もあります。

孤独に弱い人には向きませんが、一人でも快適に過ごせるという人向きです。しかし値段的には割高になり、期間延長が必要になったら追加料金が必要になることも覚えておきましょう。

まとめ

合宿免許は、短期間で免許を取りたい人には合理的なシステムです。一人で参加する人も意外にたくさんいます。

部屋のプランは、自分の性格を考えて決めましょう。相部屋でも一人部屋でも、それぞれのメリット・デメリットを踏まえて選ぶことが大切です。

 
関連記事

https://www.yoyakuguido.com/column/camping_license/if-it-is-a-camp-license-women-only-accommodation-is-reliable/

合宿免許予約ガイド
Pocket

The following two tabs change content below.
合宿免許お役立ち情報編集部

合宿免許お役立ち情報編集部

合宿免許お役立ち情報編集部は合宿での自動車免許取得の際に役立つ様々な情報を発信しています!
合宿免許お役立ち情報編集部

最新記事 by 合宿免許お役立ち情報編集部 (全て見る)