合宿免許でATの免許をとろう

2020.5.18 合宿免許
Pocket

合宿免許予約ガイド

AT車のシフトチェンジ

合宿免許で免許とる際に普通自動車には2種類の免許があります。

その2種類とはマニュアルとオートマのことです。

本記事では、合宿免許でAT(オートマ)の免許とることについて様々なことを紹介します。

 

AT(オートマ)とは?

MT(マニュアル)と同じで車の出力に欠かせない存在のトランスミッションです。

AT(オートマ)は「オートマチックトランスミッション」の略です。

MTとは大きく違いクラッチが付いておらず、ギアがドライブに入っていれば操作はアクセルとブレーキだけで可能なのです。

現在、日本での車はATが主流で、操作もシンプルで簡単で覚えるようなことは少ないです。

そのため機械の扱いが苦手な方にも人気があります。

 

ATを取得するメリット

ATのメリットはとにかく運転の操作が簡単で楽なことです。

アクセルで進みブレーキで止まるというシンプルな操作で運転が可能ですので運転が苦手や自信がないという方でも運転しやすいです。

また、運転の失敗でエンジンストップを起こすこともありません。

クリープ現象というのは坂道発進の際に車が後退しないというメリットがございます。

 

ATを取得するデメリット

操作が簡単なメリットがございますが、その簡単故のデメリットがあります。

それは事故を起こしやすいことです。

上記で説明したようにクリープ現象のメリットもありますが、ブレーキをしっかり踏んでおかなければ車は進むので渋滞などで前の車にあたってしまうというような事故になります。

アクセルとブレーキの踏み間違いが多いくお店などに突っ込んだり、立体駐車場から落ちたりするなどはAT車が多いようです。

 

合宿免許のAT

AT車の教習

合宿免許でATの免許を取得する場合、最短で14日です。

MTより日数も少ないので合宿免許の費用も抑えられるのです。

現在、国内の市場で販売されている新車の大半がAT車です。

仕事で使用する車種があるなど以外でプライベートで運転ができればいいと思う方はおすすめです。

近年ではAT限定免許を取得する人の割合が増えており、普通自動車の免許取得者全体での半数を上回っているようです。

合宿免許では免許を取ってから仕事や趣味などで後から限定解除でMTを取得することも可能です。

 

おわりに

今回はATについてお話しました。

約2週間の合宿免許で免許取得が出来て運転操作が簡単なので、車に乗れるようになりたいと思っている方におすすめです。

合宿免許に参加しようとお考えの方でどちらにするか迷ったと時には、車の利用目的に合わせて決めましょう。

 

合宿免許予約ガイド
Pocket

The following two tabs change content below.
合宿免許お役立ち情報編集部

合宿免許お役立ち情報編集部

合宿免許お役立ち情報編集部は合宿での自動車免許取得の際に役立つ様々な情報を発信しています!
合宿免許お役立ち情報編集部

最新記事 by 合宿免許お役立ち情報編集部 (全て見る)