合宿免許でつらいところとその対処法

2020.5.19 免許取得のコツ
Pocket

合宿免許予約ガイド

頭を抱える人

合宿免許に参加していると、約2週間の生活をしている中で楽しいと感じる方もいれば つらいと感じる方もいることでしょう。

そこで、今回は合宿免許でつらいと感じることやその対処法についてご紹介します。

 

合宿免許でつらいと感じることと対処法①

合宿免許でつらいと感じることが多いことの一つは、決められたスケジュールに従うことです。

約2週間での卒業を目指すわけですから事前に教習所側が決めているため、講義の空きがなかったり何時間も空いたりします。

この他には前半に詰められているスケジュールの場合が多い傾向にあります。

こちらの対処法としては、スケジュールの予定が厳しいように感じますが毎日のように朝から晩まで続くわけではありません。

空き時間や午前中だけの日などを利用して観光やショッピングを楽しんでモチベーションを上げて乗りこえましょう。

 

合宿免許でつらいと感じることと対処法②

続いては教官と相性が合わない場合です。

特に技能で実際に運転している時はほとんどの場合が1対1です。

会話をしながらの教習をする教官や会話がなく指摘だけをする教官がいます。

怖いなどと感じる教官の前では緊張したり焦ったりしてうまく運転できません。

こちらの対処法は、教官も意地悪をしているわけではありません。

命に関わり責任を持っているプロなので安全面などからきつい言い方をする教官がいる場合があります。

教習所によっては教官の担当制を採用しているところがあります。

この人とは馬が合うので頑張れるという教官を指名しましょう。

 

合宿免許でつらいと感じることと対処法③

教習所の一部

その他に、合宿免許の期限へのプレッシャーがつらいといったことがあります。

合宿免許はスケジュールが決まっており試験に落ちてしまうと別途で延長料金がかかってしまうといったプレッシャーがつらいようです。

そのようにプレッシャーがかかる時は、合宿免許に参加している全員が同じ日程で教習を受けるので、条件は一緒になります。
そのため、自分だけではなくあの人もこの人も頑張っているんだと思う事は、プレッシャーや不安をなくす上ではとても重要なことなのです。

運転が苦手で試験に合格するかが不安と感じる方は、自分が運転の何が苦手なのかを把握したり寝る前にイメージトレーニングをしたりすると良いでしょう。

 

おわりに

合宿免許でつらいと感じることとその対処法について紹介してきました。

初めての運転免許でさらに約2週間という期限があれば誰でも不安やプレッシャーを感じるものです。

そんな時には同じ環境で頑張っている仲間たちと励まし合いながら卒業を目指しましょう。

合宿免許予約ガイド
Pocket

The following two tabs change content below.
合宿免許お役立ち情報編集部

合宿免許お役立ち情報編集部

合宿免許お役立ち情報編集部は合宿での自動車免許取得の際に役立つ様々な情報を発信しています!
合宿免許お役立ち情報編集部

最新記事 by 合宿免許お役立ち情報編集部 (全て見る)